三日月代表のブログ

「君の悩みなんて宇宙と比べたらちっぽけだよ」という言葉の「宇宙」の違和感

自分の周りで何かに悩んでいたり落ち込んでいたりする人はいるだろうか。そういう人がいたら、君たちは元気づけるための言葉をかけてあげるだろう。 「今のままで大丈夫だよ。」とか、「つらかったね。頑張ったね。」とか。 その場に応じていろいろ元気づけ…

あがり症の克服方法は自分なりに見つけるもの

あがり症は簡単に治せない。 あがり症という意識が、少しでも心の中にある以上完全に治すのは不可能だ。 考えれば考えるほど治せない。しかし考えないと治せない。 だからあがり症を治すのは難しいのだ。 残念ながら僕もまだ治せてはいない。ただ、昔とは変…

夢童貞の卒業の仕方について

モテない男はいつの日からか背負わされる肩書きがある。それが「童貞」だ。 小さい頃は、童貞なんて言葉は知らないし、おっぱいという言葉で精一杯だ。 そんな子供たちは成長するにつれて、どんどんと彼女ができ、童貞を卒業していく。メジャーであった童貞…

警備員という売れない哲学者がする仕事

大学生最後の年、暇ができた。家でダラダラすることが好きだった僕でさえも、暇だと感じるほどの暇の量だったため、僕は派遣のバイトをたくさんすることにした。 イベントの受付案内や工場の流れ作業に、力仕事。いろいろやった。 そしてその日も何かしらの…

あの子のサドルになりたいという一途な気持ち

「あの子のサドルになりたい。」 自転車通学をする男子学生が1度は口にしたことのある文言だ。 あの子の股にうずくまりたいという考えから到達した来世への願いだろう。 しかし、一度考え直してほしい。本当にあの子のサドルになってもいいのだろうかと。 あ…

朝寝坊しすぎて留年した僕の二度寝防止策 6選

二度寝ほど気持ちいいものはない。二度寝してしまった朝は、睡眠の底力を感じる。 さすが、三大欲求に選ばれただけの事はあると思う。 そう、僕は二度寝が大好きなのだ。 そして、そんな人間が大学生になって一人暮らしを始めると留年をしてしまう。 その一…

三重県人の関西人ぶり方とファッションセンターしまむら表参道店の類似性について

以前、僕が好きなバラエティ番組を見ていたらダウンタウンの松本人志が言っていた。 「三重のやつって関西人ぶるのよ~」 わかる、と思った。 三重県人を敵に回す前に先に言っておこう。僕は三重県人である。安心してほしい。 赤福も食べたことがあるし、志…

前を向いて歩くための4つの策

最近、僕は前を向いて歩けるようになった。 人生の話ではなく、実際に歩く時の話だ。 今まで、街中を歩いているとき、前方から誰かが歩いて来ると、どこを見て歩けばいいかわからなくなっていた。 自分の大きな顎を露わにしながら歩く様を見られたくないのか…

三日月ことぼくについて

・基本的なこと 三日月です。 現在、24歳の男。 神奈川県に住み、会社員2年目として働いている。 三重県のごくごく普通の金持ちの家に生まれ、祖父、祖母、父、母、姉に大事に大事に育て上げられた。 そんな金持ちに頼りながら生きてきた僕は、あるライター…